現在、新型コロナウイルス肺炎の感染拡大により、弊社ではお客様にバスを安心してご利用いた だけるよう、下記のような感染予防対策を実施しています。

車内清掃・換気

運行中のバス車内では、エアコンを内気循環ではなく、外気導入で使用し、あわせて換気扇を運 転します。

プラズマクラスター搭載車両(大型バスのみ)では、プラズマクラスターにより空気清浄をしてい ます。プラズマクラスターは浮遊ウイルスや付着ウイルスの作用を抑える効果があると言われてい ます。
適宜フィルターの清掃・消毒も実施しております。

お客様乗車時には次亜塩素酸水を両手に噴霧して頂いております。 お客様降車時には窓を開閉し て換気をこまめにしております。 次亜塩素酸水は、ウイルスの不活性化に高い効果があると言われています。

車内は運行終了後、アルコール消毒液を使い、手すりや座席、乗客 が触れる場所は重点的に除菌 清掃しています。

乗務員対策

バス出庫時に体温及び血圧を測り、体調管理を徹底し、乗務時は手洗い、うがい、マスクを必須 とします。

乗務中は濃厚接触を避け、昼食等は少人数で取り、会話等は1m以上間隔を空けることとします。 乗務終了後、会社に留まらず、帰宅後も不要不急な外出を極力控えるよう要請しています。

お客様へのお願い

感染症対策の基本となる、手洗い、アルコール消毒、マスク着用などをお願いします。

(株)大成観光バス
統括運行管理者
成松 主悦